園の紹介

園長の一言

 12月になりました。カレンダーも残り1枚となり今年もあと少しで終わりです。日に日に風邪が冷たくなり、大人達は、「寒い寒い」
しかし、子ども達は、寒さ知らずといった感じで戸外遊びを思いっきり楽しんでいます。
 ある日、年中組のAちゃんとBちゃんが「おもちやで~す。」と叫んでいました。そこで、「先生はお餅が大好きおいしいお餅下さい。」
に張り切って「いくついりますか?」「2こ下さい。」砂でつくったお餅を2こ手のひらにのせてくれました。
「いくらですか?」「2000円です。」「うわあ、高い!」「どんなお餅ですか?」「甘いいちごとチョコレートが入ったお餅です。」「おいしそう、それなら、ちょっと高いけど食べてみましょう。」「すっごくおいしいです。」「また来ますね。」「ありがとうございました。」「くださいな、今度は、のりがついたお餅を下さい。」「ハイ出来ました。」「おいくらですか?」「3円です。」(やりとりがわっかていますね。)「安いですね。」「安くしました。」そこへ年長さんのCくん「ぼくにもお餅下さい。」「はいどうぞ。」真面目な顔をして言ったCくん「カード払いで!」Aちゃん「わかりました。ピッ!」(カードを機械に通すまねをする。)………子どもの世界にも普通に浸透している、キャッシュレス、現金のお会計で「おつりはいらねいよ。取っときな!」的な人情のやり取りは、なくなってしまうのでしょうね。AちゃんBちゃんCくんのリアルな大人顔負けのやりとりに私の心はたじたじでした。2学期もあと少しになりお楽しみ会、おもちつきを残すのみになりました。日々成長し続けている子ども達の姿を丸ごと受け止めて認めて明日に繋げることができるように心を引き締めて保育にあたりたいと思っています。お楽しみ会では、お子様に対してこんなことがこんな姿がと色々な発見をしてみて下さい。そして、ご家族の皆様も心行くまでお楽しみ頂けたらと思います。

園のコンセプト

友達とふれ合うことの楽しさと喜びをしってほしい
日に日に大きくたくましくなっていく幼稚園時代。
成長記録をとっていくことも大切な仕事です。
こんなに大きくなったよ!

運動会の練習もたいへんだけど、やりとげたあとの充実感は何物にもかえがたい。
この日を境に子どもたちがたくましく変身していく。
遊びを中心に、子どもとしてのたくましさとやさしさを育てたい
何かに集中している子どもたちの瞳はきらきら輝いて美しい。

園庭での遊びに熱中する子どもたち。
遊びへの熱中は集中力を、遊びの工夫は想像力を養って行く。

園内写真

アクセス