園の紹介

園長の一言

 「2月は逃げて、3月は去ってしまう月」と、昔から言われるように日々の過ぎていくのが本当に早く感じられる今日この頃です。飛ぶように過ぎていく時の中で、子ども達の成長も目を見張る程の早さです。1年前の子ども達の様子を思い出しながら、その素晴らしい成長ぶりに改めて、驚いたり喜んだりしています。
私も心だけは、みんなと一緒に成長し続けたいと思っています。先日行われたマラソン大会、今年度は、工事の為例年より200メートル程距離が短くなりました。何が何だかわからず何となく走っていたマラソン練習、練習が進むにつれ、お友達を抜かしたり抜かされたりすることで、子ども自身の気持ちにもやる気が見えてきました。そんな中体調が万全ではなく、思い通りの結果が出せない子、練習してもどうしてもお友達を抜くことが出来ず悔しがる子、走る事自体苦手としている子、逆に走ることが好きで難なく走る子、順番なんて気にしない子、ふじっこ達一人ひとりが何かしらの想いと何かを得てくれたと思っています。又、3年間で取り組み方や、顔つき、楽しみ方が、変化して大きな成長を感じることが出来ました。苦しくても最後まで頑張れたことの大切さをゴールした後にもその後から走ってくる友達への声援からの仲間意識、諦めずに一生懸命やり遂げることの大切さ、その過程を小さな体に沢山蓄えてくれたことと思います。マラソン大会という一つの行事を乗り越えて我が子は、どんな学びがあり成長を遂げたのか、ご家族で振り返ってみることも大事な事ではないでしょうか。

園のコンセプト

友達とふれ合うことの楽しさと喜びをしってほしい
日に日に大きくたくましくなっていく幼稚園時代。
成長記録をとっていくことも大切な仕事です。
こんなに大きくなったよ!

運動会の練習もたいへんだけど、やりとげたあとの充実感は何物にもかえがたい。
この日を境に子どもたちがたくましく変身していく。
遊びを中心に、子どもとしてのたくましさとやさしさを育てたい
何かに集中している子どもたちの瞳はきらきら輝いて美しい。

園庭での遊びに熱中する子どもたち。
遊びへの熱中は集中力を、遊びの工夫は想像力を養って行く。

園内写真

アクセス