BXI Builingual System started translating.
Language
園の紹介

園の紹介

園長の一言

12月になりました。
カレンダーも残り1枚となり、何となく気忙しく月日の経つのは、早いものだと実感しています。
子ども達は日ごとに冬を感じながらも園庭を思いっきり走ったり、縄跳び、ボール遊び、鬼ごっこと沢山体を動かして遊んでいます。
本当に子どもは、風の子ですね。
さて、草花や鳥や虫たちが季節を告げるという風物詩(開花、初鳴き等)気候の指標であったものがどんどん崩れて、また、地域によっては、生物が見つけにくくなっている環境に生物季節観測を来年からは桜や梅等の目立つところを残し対象を大きく削減することになったそうです。
確かにカエルの卵~おたまじゃくし~しっぽが取れてカエルに成長していく過程を実際に見たことがない子どもは、ほぼ全員。
もしかすると、お父さんお母さん世代の中にも知らないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
毎年律義に生を繰り返していた身近なカエルさえも遠い存在になりつつあります。
シロクマの親子が食べ物を追いかけて600㎞のたびに出るというドキュメンタリーでも海の氷の少なさ、薄さと氷河の崩壊等、600㎞の旅がとてつもなく困難な旅であり、温暖化による影響大であることを伝え、シロクマが地球上から姿を消す日も…。ということを配信していました。
環境破壊や温暖化等、私たちの暮らし方が生き物を消していくという事実、また、その速度にもっと、目を向けなくてはいけないということに改めて思いを馳せるそんな12月になりました。
このことを子ども達に伝えていくことにも重きを置いてしっかりと考えていきたいと思いました。
周りの自然をもっともっと見つめ、小さなことでも口に出して知らせる、教えていくことが、今の私たちの務めであることは間違いないでしょう。
子ども達が大人になった時、そのまた子ども達に昔は、こんな生き物がいたんだよ。と図鑑や本や映像のみでしか伝えられないということにならないようにしたいものです。

園のコンセプト

友達とふれ合うことの楽しさと喜びをしってほしい
日に日に大きくたくましくなっていく幼稚園時代。
成長記録をとっていくことも大切な仕事です。
こんなに大きくなったよ!

運動会の練習もたいへんだけど、やりとげたあとの充実感は何物にもかえがたい。
この日を境に子どもたちがたくましく変身していく。
遊びを中心に、子どもとしてのたくましさとやさしさを育てたい
何かに集中している子どもたちの瞳はきらきら輝いて美しい。

園庭での遊びに熱中する子どもたち。
遊びへの熱中は集中力を、遊びの工夫は想像力を養って行く。

園の一日

8:00~9:10
早朝預り・登園
10:00~14:00
通常保育+専門講師による指導
(絵画・英語・音楽・体育及びYP)
※YP・・・柳沢運動プログラム
12:00~13:00
昼食(月水金 給食 / 火木 お弁当「持参」)
14:00~17:30
お預かり保育

年間行事

4月
入園式
5月
個人面談
遠足(年長)
6月
参観日
遠足(年中)
7月
ふじっこ会・懇談会
夕涼み会・お泊り会
8月
夏期保育(プール)
9月
10月
運動会・おいもほり
遠足(年少)
11月
12月
おたのしみ会
(おゆうぎ会)
おもちつき
1月
マラソン大会
2月
豆まき
3月
懇談会
卒園式
その他の行事
・身体測定(毎月)
・お誕生会(毎月)
・避難訓練(毎月)
・畑体験(農園活動)・・・毎年、畑の草取り、落花生種まき、大根抜き、じゃがいも掘り、おいも掘り等の畑作業や収穫体験を行っています。

園内写真

アクセス